メインの内容へ進む

高窓の家

・戸建て住宅(新築/木造2階建)

・敷地面積:205㎡

・延床面積:97㎡

日当たりの悪い敷地にも関わらず、明るくて開放的な住まいを実現しました。

リビング、ダイニング、キッチン、子供部屋、どこにいても家族の気配を感じられます。

パッシブデザインの考え方で工夫された設計により、快適性の高い居住環境となっています。

<家づくりのきっかけ・施主の要望>

横浜市内には傾斜地が多く、この場所も傾斜地を擁壁や駐車場を築造してつくられた造成地でした。30年近く空き地だったこの土地に、新しい家族の住まいが生まれました。

建主さんのお話を聞くと、「とにかく明るい家にしたい。」というご希望でした。

ところが敷地の南側にはすぐそばに家が建っており日当たりの悪い敷地という印象でした。そのため30年もの間手付かずの土地だったようです。

ご相談いただく前は、明るいリビングダイニングにしたい考えから、2階に計画する考えだったようです。ところが1階は斜面地に設けた掘り込み式の駐車場だったため(ここは地下と見られる)、2階と言っても道路から見ると3階に相当します。毎日3階までリビングに上がるのがどうなのか、悩んでおられました。

1階にリビングダイニングを計画しても明るい部屋になりますよ、ということで、これを実現することがこの家のコンセプトになり、南側に高窓を大きく設け陽の光を最大限取り込んだ家になりました。

<この事例の見どころや工夫したところ>

敷地調査のときに3DCGモデルを使用し、敷地の日照状況を正確に分析しました。その結果、2階部分の窓からは一日中日射が望めることがわかったため、日射を家に取り込む大きな「高窓」を設けました。2階の高窓からの太陽光を吹抜けを介して1階に導き入れることで、1階でも明るくて開放的な空間を実現しました。

この高窓は冬の日射取得においても貴重な窓で、この窓から取り入れた熱を効率的に家全体に循環させるためのサーキュレーションの仕組みを取り入れました。

太陽光を導き入れる吹抜けは家族が集うリビングとなっていて、ベンチソファを取り付け、階段下の空間をアルコーブ(小さな奥まったスペース)として居心地の良い空間となっています。

<施主の感想>

この敷地で、こんなに明るくて開放的な家ができたことに驚いたとおっしゃっていました。

南側の隣家はすぐ近くに建っているのですが、大きな「高窓」は隣家からの視線を考慮して計画したので、まわりを気にせずカーテンを閉めずに生活ができるとのことで、プライバシーを気にせずに開放感を感じながら過ごされているようです。

<事例の進み方>

ご相談の敷地は30年間ほど空き地になっていました。そのため現状でここに家を建てても良いものか不安とのことでした。まずは既存の地下駐車場(堀込式駐車場)と崖池の安全性をご相談いただくところから始まりました。

前述のように日当たりが悪く交差点の近くで車の通りも多く、30年間も放置されていた土地と言うこともあって、この敷地に対してとてもネガティブな印象を持たれていました。

まずは構造の専門家を招いてしっかり調査してもらい、敷地の安全性は問題ないことを確認しました。

明るい開放的な家を希望しているのですが敷地は日当たりの悪い家だったので、様々な建築的なアイデアを紹介し、この敷地のネガティブな印象は建築によってポジティブに生まれ変わるということ丁寧に共有しました。

プランをまとめる前に丁寧に敷地の特製やお施主さまについて調査や分析を行った上でプランをまとめたのでとてもスムーズに家づくりが進みました。

<印象に残っていること>

実は最初は「特にこだわりがないので、建売みたいな家でも良いと思っていた。」とおっしゃっていました。試しに一度相談してみようと思ってお声をかけていただいき、お話しをしているうちにどんどん家づくりのイメージが湧いてきて家づくりが楽しかったと、完成して1年後お伺いした時におっしゃっていました。

「高窓の家」のパッシブデザイン <断熱性能>

この「高窓の家」はパッシブデザインという設計の考え方を重視して設計されています。

断熱性能:0.55W/(m²K)

※低い方が性能が良い

当然ながらもっと断熱性能を高くすることも可能ですが、コストパフォーマンスが高い設計となっています。

参考

省エネルギー基準値:0.87 W/(m²K)

HEAT20のG1水準レベル

「高窓の家」のパッシブデザイン <冬の日射取得>

敷地の南側はすぐ近くに隣家が建っています。

日当たりの悪い環境ですが、2階の天井付近に窓を設けると遮られることなく昼の日射が入ることが調査段階で確認できました。

南側の2階の高い位置に大きな高窓を設けました。

この高窓は「日射障害のない日射取得窓」として申し分なく太陽の熱を取り込んでいます。

「高窓の家」のパッシブデザイン <蓄熱とサーキュレーション>

2階の大きな高窓から取り入れた太陽の熱や暖房した暖かい空気は2階の天井付近に溜まります。

この熱をダクト配管とサーキュレーターを使って床下に引き込み開放しています。

このようにすることで床下が温まり床が冷え込まないようになり、冬場の快適性が高まります。また床下には基礎のコンクリートがあり、蓄熱性の高いコンクリートに蓄熱しています。これにより熱の効率的な運用がされます。

秋の始まりの頃からサーキュレーターを回し続けると基礎コンクリートに蓄熱された熱で冬場の快適性が上がります。

「高窓の家」のパッシブデザイン <自然排熱換気>

高窓を開けると2階天井付近の熱い空気が外に排気されます。

高窓に対して、床付近に地窓と呼ばれる窓を数カ所設けています。

高低差のある2つの窓を開けると自然の力で空気が入れ替わります。

この2つの窓は防犯性にも配慮されているため就寝時や不在時も開けたままにでき、常に外の涼しい空気を取り込むことができます。

※外気温が快適域より高すぎる場合は冷房するしかありません。

中間期と呼ばれている暑すぎない、寒すぎない季節や時間帯をより快適に過ごすことができるため工夫です。

「高窓の家」のパッシブデザイン <自然採光>

2階の南側の高窓は真冬でも隣家の影になることが無いように計画されています。

この高窓から採り入れた太陽光は吹抜けを介してリビングダイニングに導き入れています。

内装の壁の仕上げは塗装ですが、ただの塗料ではありません。

室内用高拡散反射塗料と呼ばれる塗料で、光の拡散反射率が通常の白の塗装より10%近く高い塗料を使用しています。これにより採り込んだ太陽光を反射させて部屋全体を効率的に明るくしています。

高窓の家